ゲゲゲの鬼太郎


情報

画像:
ゲゲゲの鬼太郎

他の名前:
Gegege no Kitarou (1971)

ジャンル:
[ 冒険 ] [ 悪魔 ] [ スーパーパワー ] [ 超自然的な ]

あらすじ:
原作の鬼太郎作品には、第1話から「異形の存在」は描かれているが、当初は「妖怪」という呼称での存在としては登場しておらず、「妖怪漫画」として定着するまでには幾つかの経緯が存在する。作中で明確に「妖怪」として現れてくるのは、1961年の貸本版『鬼太郎夜話』の2巻からである。ここでは柳田國男の『妖怪談義』に収録された「妖怪名彙」に載る妖怪が現れるが、名前だけで姿はほとんど描かれていない。 やがて、1965年から『週刊少年マガジン』に「墓場の鬼太郎」の掲載が始まるが、この段階でも「妖怪」としては殆ど明確に言及されておらず、戦う敵の吸血鬼や夜叉も、怪奇的フィクションのキャラクターや怪物などを元のイメージとして描写されている。完全に「妖怪」として登場し始めるのは「妖怪大戦争」の回を経た1966年から、テレビアニメ化を翌年に控えた1967年に掛けてである。水木しげるは、この時期に藤沢衛彦の『妖怪画談全集』や鳥山石燕の『画図百鬼夜行』に出合ったとされる。そして、鬼太郎は徐々に妖怪との対決路線へ変化し、「ゲゲゲの鬼太郎」改題後はより顕著となる。また、その際に先の「妖怪名彙」に載っていた妖怪に姿を与え鬼太郎の味方に、『画図百鬼夜行』の妖怪に物語を与えて敵役の妖怪へと登用していった。 一方で、水木はこの頃について「まだ妖怪といったものが、皆さんに分かっていなかったから大変だった。もっぱらヒーローの敵として御登場願うしかなかった。」と回想しているように、連載当初は、日本古来より漠然と表現されてきた「妖怪」という言葉も概念も、一般的には余り知られてはいなかった。妖怪が本格的に浸透し始めたのは、鬼太郎より前にテレビ化を果たした『悪魔くん』や当時の怪獣ブーム等の下地を経て、大伴昌司により『少年マガジン』を中心にして展開された「妖怪画報」等の影響が大きかったともされている。 鬼太郎のヒットとメディア戦略の足並みが揃ったことで、従来の伝承にあった「妖怪」の概念は波及し、妖怪ブームや鬼太郎の長期シリーズ化へと繋がっていった。 作品のストーリーの多くは、鬼太郎が毎回新たな妖怪と対決するという話であり、前後の話や別シリーズとの繋がりは余り意識されていない。時には大きく矛盾する展開もあるが、鬼太郎や妖怪の基本設定は概ね一貫している。

おすすめアニメ:
火の鳥
忍空
宇宙海賊ミトの大冒険
はじめてのギャル
三者三葉
テニスの王子様
うしおととら
だがしかし
オオカミ少女と黒王子「疑心暗鬼 -Happening kiss-」
劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC
閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -水着だらけの前夜祭-
万能文化猫娘
ロボットガールズZ
スパイダーライダーズ ~オラクルの勇者たち~
ブラスレイター
桜通信
コードギアス 反逆のルルーシュ
この中に1人、妹がいる!
スクールランブル一学期補習
織田信奈の野望
ブラッドシー
まかでみWAっしょい!
アリーテ姫
変ゼミ
GR -ジャイアントロボ-